メールカウンセラーで副業って?

 

メールで男性の悩みを聞いて報酬が稼げる「メールカウンセラー副業」が話題になっています。

 

「メールでお金持ち男性の悩みを聞いてあげて50万円の報酬をもらいました」だとか「リッチなセレブ男性の愚痴を聞いて毎月30万円のお礼をもらう契約です」などなど、副業を探している女性でなくても思わずクリックしちゃいますよね。

 

でも、ちょっと待って!
これは詐欺なので、絶対に登録しないで下さい!

 

もし自宅で男性とメールするだけでお金を稼げる安全な副業をしたいのなら、チャットアプリかライブチャットに登録してメールレディをすることを強くお勧めします。

 

当サイトでは危険なメールカウンセラー詐欺の手口安全に稼げるメールレディ副業について紹介します。

 

 

メールカウンセラー詐欺って?

 

メールカウンセラーと聞くと「メールで」「カウンセリングをする」仕事のようなイメージですが、実際はどうなのでしょうか。

 

募集ページを見ると「お金持ちの男性は立場上なかなか人に話せない悩みがあるので、メールで悩みを聞いてあげる仕事です」「匿名で顔も知らない見知らぬ相手だからこそ、本音の愚痴が言えるのです」などと書かれています。

 

また「特別な資格は不要です。真摯に話を聞いてあげて、常に緊張を強いられている男性の心をほんのひと時でも癒してあげてください」などとも書かれているので、自分でもできそうな気がしても不思議ではありません。

 

 

登録すると、大手会社の役員だとか多忙な外科医だとかいかにもお金がありそうな男性が相談を申し込んできて、何度か愚痴を聞いたり相談に乗ったりしていると「カウンセリングのお礼として50万円を支払いたい」などと言われます。

 

 

ところが口座番号を送ろうとしたら「個人情報の交換には会員登録が必要です。会費は1,000円で永久会員になれます」などと表示されます。

 

まぁ1,000円くらいなら…と会費を払ってしまう人が少なくないのですが、これで終わりではありません。
次々とお金を要求され、だんだんエスカレートしていきます。

 

たとえば「10万円以上のやり取りには高額支払い保証金が3,000円かかります」だとか「入力ミスが続いたため口座番号がロックされました。解除するには1万円の手数料がかかります」等々、延々と理由をつけては少額のお金を要求されます。

 

1回ずつは負担が小さいし、大金がもらえるならと払っていると気づいた時には大金を騙し取られてしまうのがメールカウンセラー詐欺の実態です。

 

 

消費者センターなどに寄せられるメールカウンセラー詐欺の被害は後を絶ちません。
ちょっとメールで相談に乗ったくらいで10万円単位のお金が稼げるなんて、そんな甘い話はありません。

 

▼安全なメールお小遣いアプリなら▼

 

安全な副業ならメールレディ

 

メールレディというのはチャットアプリやライブチャットなどに登録して男性会員とメールやチャット、音声通話などでコミュニケーションするお仕事で、メッセージ1回〇〇円、音声通話1分××円などキチンと単価が決まっていて、働いた分だけお金を稼げます。

 

  • 登録も退会も無料
  • メールレディは一切のお金がかかりません(報酬振込時に数百円程度の手数料が引かれます)。

  • ノルマやシフトはなし
  • 自分のペースで好きなだけ働いたりお休みしたりできます。

  • メールだけでもOK
  • メールのやり取りだけでもOKだし、音声通話やビデオ通話などで稼ぐこともできます。

  • 男性と会わない
  • スマホだけで完結するので自宅で空き時間に安全にできるお仕事です。

 

育児や家事が忙しくて外で働けない主婦の方や、お給料がちょっと足りないOLさんも、メールレディならスマホ1台あれば空き時間に自分のペースで安全にお金を稼げるのでお勧めの副業です!

 

 

友達を待ってる間や通勤の電車の中、ちょっとした家事の合間など、スマホをいじっている時間をお小遣いに変えてみませんか?

 

▼イチオシ▼

メールで安全に稼ぐなら

 

メールレディって本当に安全なの?

 

メールレディそのものは、男性と直接会うこともないし外出する必要もなく自宅で安全に報酬を得られる副業ですが、上記で紹介したメールカウンセラー詐欺のような詐欺サイトも存在します。

 

なので、メールレディを始めるときにはきちんと法律を守って運営されている大手の安全なサイトを選ぶことが大切です。

 

 

当サイトで紹介しているのは、いずれも大手で運営歴が長く安全に稼げるサイトだけなので、メールレディを始めたい方は是非その中から選んでみてくださいね。

 

ライブチャットとチャットアプリって?

 

大雑把に言うと、どちらも似た感じで男性と女性がコミュニケーションするSNS的なサイトなのですが、チャットアプリはインストールするだけで気軽にできて報酬は安め、ライブチャットは登録するのに身分証の確認が必要ですが報酬は高いです。

 

 

ライブチャットは最初に身分証を提示して年齢と性別を確認してもらう必要があるので少しハードルが高く感じるかも知れませんが、ちゃんと会員の確認をして安全に運営しているサイトであるとも言えますね。

 

どちらも登録も退会も無料なので、いくつか試してみて自分に合ったサイトを選ぶのがいいかも知れません。

 

おすすめチャットアプリ3選

 

モア

 

安全に稼げるチャットアプリと言えば真っ先にあがるのがモアです。

 

モアは個人情報を登録せずに男性とチャットしたり通話してお小遣いを稼げる安全な副業アプリで、LINEみたいなメッセージやタイムラインへのコメントなどで遊び感覚で稼げますし、音声通話やビデオ通話なども含めて高収入を稼いでいる女性もいます。

 

【モア報酬の詳細】

ビデオ通話:時給4,200円(70円/分)
音声通話:時給2,700円(45円/分)
メッセージ受信:15円/通
タイムラインへのコメント:15円/回

 

▼モア登録はこちら▼

 

ベリー

 

大人の女性ならベリーがおすすめ!
若い女性よりも落ち着きや癒しがある大人の女性と話したい男性会員が多く、ちょっとした愚痴を言ってみたり非日常的な刺激を求めていたりするので上手にお話を聞いてあげてヘソクリを稼いじゃいましょう☆

 

【ベリー報酬の詳細】

ビデオ通話:時給4,200円(70円/分)
音声通話:時給2,700円(45円/分)
メッセージ受信:15円/通
タイムラインへのコメント:15円/回

 

▼ベリー登録はこちら▼

 

おチャベリ

 

おチャベリは『JELLY』や『小悪魔アゲハ』などの有名ファッション誌で何度も紹介されるなど、注目のお小遣いアプリです!
モアよりも報酬がちょっと安めですが、男性の利用料金も安いのでアクティブな男性会員が多く、モアよりも稼げちゃった♪という声もあるので両方に登録して比べてみるのもアリですね。

 

【おチャベリ報酬の詳細】

ビデオ通話:時給3,300円(55円/分)
音声通話:時給2,100円(35円/分)
メッセージ受信:15円/通
タイムラインへのコメント:15円/回

 

 

上記3つのアプリはライブチャット業界の老舗的存在である株式会社リアズの関連会社が運営しているので、安全性はもちろんサポート体制も万全なのでこれからメールレディを初めてみたい方に安心してお勧めできるアプリです。

 

ライブチャットで本格メールレディ

 

ライブチャットはサイトによってはアダルト色が強く水商売の一種なので、登録時に年齢や性別をきちんと確認するように法律で義務付けられているため身分証明ができる人しか登録できないようになっています。

 

報酬的にはチャットアプリよりも高く、サイトによってはアプリの倍くらいの金額になるので頑張ってお金を稼ぐのであればライブチャットでのメールレディがおすすめです。

 

ガールズチャット

 

ガールズチャットは運営歴が長くて会員数も多い人気サイトで、メールや会話はもちろんキャバ嬢ゲームでポイントを稼いだり、イベントで画像や動画を投稿して稼ぐなど色々な稼ぎ方があります。
男性立ち入り禁止の女性専用掲示板があるので、ガールズトークもできます(笑)

 

VI-VO

 

ガラケー時代に大人気だったe-shotがスマホ対応で大幅リニューアルしました!
男性会員数が圧倒的に多くてメールも電話も多く、女性会員が不足しているので5,000円の登録ボーナスあり!
常連さんを掴むチャンスです。

 

モコム

 

詐欺のターゲットは貴女です!

 

これは2016年の報道で、明らかになっているだけでも5万5千人もの女性が騙されていますが、自分なら騙されないと自信を持って言えるでしょうか。

偽りの副業サイトで女性から現金詐取、被害5.5万人か
TBS系(JNN) 6月1日(水)6時23分配信

 

「男性とメールすれば報酬がもらえる」とする偽りの副業サイトで、女性から金をだまし取ったとして、サイト運営者の男ら7人が逮捕されました。被害は5万5000人、17億円に上るとみられています。

 

逮捕されたのは、偽りの副業サイトを運営していた埼玉県所沢市の無職・中村豊容疑者(30)ら7人で、今年1月、会員の女性(31)に対し「男性とメールすれば報酬がもらえる」などとうそを言って、手続き料などの名目でギフト券54万円余りをだまし取った疑いが持たれています。

 

警察によりますと、中村容疑者らは短文投稿サイトなどに「高額収入者の男性が悩みを相談できる女性を探している」などとするバナー広告を載せ、女性会員を募集。同様の手口で、およそ5万5000人から17億円をだまし取っていたということです。

 

取り調べに対し中村容疑者ら6人が容疑を否認、1人が認めているということです。(01日01:24).